心の傷は出来るだけ早めに・・・女性に優しい防災対策を考えてみよう!

防災対策は、色々な方法があります。

まず、事前に行う事が出来る防災対策としては、消火具の常備や家具転倒防止等があります。

そして被災した後、最小限に被害を食い止める為の対策もあるのです。

では、どの様な事柄があるのでしょうか?

こちらでは、被災した後の防災対策について、少し話しをさせて頂きます。

まず、家を地震や火災で失ってしまった場合には、長ければ仮設住宅や避難所で数ヶ月間も生活をしなければならない状況にもなりかねません。

その様な場合だけではありませんが、災害時の避難生活によって、ストレスが溜まり、身体だけではなく心にも大きな支障をきたしてしまう問題が発生する事でしょう。

そんな時、女性の目から見た被災後のストレスを、出来るだけ軽く済ませる為の防災対策について考えてみようではありませんか?

以前発生した災害時には、避難生活をしている上での家庭的作業(配膳・掃除・ゴミ捨て等)の負担が、主に女性に集中しているという事がありました。

その結果、ストレスが大きく掛かったしまうという事になったのです。

この問題を解決する為には、被災時の活動は日頃から男女共同で行い様にしておきたいものです。

例えば、町内の防災イベント等でも呼びかけを積極的に行い、意識してもらう事が大切でしょうね。

誰でも、避難生活という物は性別や年齢問わず、大きなストレスを抱えてしまうものです。

ですから、助け合う気持ちを全員で持つ事が、防災対策へと繋がることでしょう。

また、女性や子供への暴力が、被災後には増えたという報告もあるのです。

原因としては、やはりストレスによるものらしく、同じ様に被災しているにも関わらず、暴力を弱い物にするのはどうしても見過ごす事が出来ませんよね?

ですから、この様な問題を減らす目的でも、被災した方々のストレスを軽くしてあげ、出来るだけ心身リフレッシュできる様な機会を作る事が大切でしょう。

当たり前ですが、誰にとっても大規模災害は辛いものです。

日頃から、被災者のストレスを出来るだけ減らせる様に心掛けたいものですね。

せめて、心の傷は出来るだけ早く癒せる様な防災対策を考えていきましょう!