現在の防災対策を過去の災害から学びより良いものへと変えていこう!

幾つもの大規模災害が、日本では発生しています。

その中には、過去に多くの死者が出てしまった災害もあります。

有名な災害では、関東大震災・阪神淡路大震災、更に最近では新潟中越沖地震などが挙げられています。

これら災害では、財産や家、多くの人の命も失ってしまい、大きな傷を心に負った事でしょう。

過去の悲しい出来事として、これら被害をただ単に片付けてはいけませんよね?

ある意味これら大災害を教訓とし、これからの防災対策として役立てれる様に考えなければなりません。

ちなみに関東大震災では、地震の被害もそうですが、火災被害も大きなものでした。

この火災被害を受けてから、まずは火の元を地震時には確認するという考えが、深く防災対策として根付く事になりました。

しかし、火災というものは地震が発生した時だけに限らず起ってしまうということがあります。

それが明らかになってしまったのが、阪神淡路大震災です。

この災害では、早朝5時が発生時間だった事もあり、火災被害報告があまり当初はされていませんでした。

しかし、幾つかの地域でその後火災が発生してしまい、多くの被害がこれにより生む事になってしまったのです。

この時、火災発生原因が地震ではなく漏電だったのです。

この火災被害を受けてから、地震発生後に電気会社で電気復旧する時には、まず漏電の危険性が各家庭でないのかを訪問し、確かめた上で復旧するようにしました。

これら、現在行われている防災対策に過去の大災害が大きく役に立っているという例でもあるのです。

関西に暮らしていた方々は、阪神淡路大震災が発生するまでは、この様に大きな大地震に襲われるという事は、思ってなかったと口々に言っているそうです。

通説等では、予測する事ができない不測の事態が何時でも起こるということを、阪神淡路大震災は示したという事でしょう。

だからこそ、『今自らが絶対○○では大きな災害は起きない』なんて思っていても、それこそ予測不可能だという事なんです。

皆さんも是非、安全な暮らしの為にも過去の痛ましい災害から学び取り、これからの防災対策について考えいるという事が、最も大切だといえるでしょう。