大規模災害でケガをしてしまった時の対処方法とは?

大きな規模の災害では、色々なケガをしてしまう危険性があります。

例えば、骨折・捻挫・擦り傷や切り傷の様な軽症な物まで色々です。

これらケガについては、普段であれば病院があり、直ぐに治療に行ったりするでしょう。

しかし災害時には、救護施設や直ぐ近くに病院があった場合には良いのですが、殆どの場合実際そうでもない事があります。

その為、ケガをしてしまった場合の救急対処について、防災対策の一つとして知っておく事も大切になってきます。

一般的な防災対策として、防災袋を用意している方が多いかと思います。

その中には、非常食等の生活に関わるものを多く入れるかと思いますが、包帯やガーゼも入れる事を忘れない様にしましょう。

では、こちらでケガの処置方法について少し話させて頂きます。

是非、参考にしてみて下さい。

●切り傷やすり傷を負ってしまった場合●

傷口から出血している場合には、ガーゼ等を当て、傷口を手で圧迫して止血します。

もしその時、傷口が汚れていたのであれば、まずは先に水等で洗い流し、バイキンが入らない様にしましょう。

その行為を行っても出血が止まらない場合もあります。

その時には、傷口より心臓に最も近い部分を、タオルや包帯で圧迫して止血して下さい。

ケガをしてしまった部分を、心臓より高い位置へ持っていくと、より止血しやすくなります。

この状態を保ちながら避難を直ぐにし、医師へはなるべく早めに見せる様にしましょうね。

●捻挫や骨折をしてしまった場合●

捻挫等の場合には、その部分が腫れてしまいます。

その為、もしあれば氷を・・・無ければ水で冷したタオルを当てて、先ずは炎症を抑える様にしましょう。

もしも、骨折したかもしれないと思った場合には、木切れやダンボール等を当てて、タオル等で釣って固定します。

大きな規模の災害では、他にも色々な状況になる恐れがあります。

例えば、密室に閉じ込められてしまう場合です。

この場合、最も危険だとされているのが呼吸困難です。

人間というものは、興奮状態になると普段よりも酸素を多く消費してしまいます。

その為、もし閉じ込められた場合であっても、リラックスをなるべくする様にしましょう。

そして、出来るだけ楽な姿勢で呼吸する体勢をとって下さい。

この様に、色々な防災対策が救急時でもあります。

重要な事は、具体的な方法と知識をある程度持っている事です。

品物だけの防災対策だけではなく、普段から救急時の対処法もよく勉強し、確認する様心掛けて下さい。