集中豪雨(ゲリラ豪雨)が多発している中の防災対策とは?

最近、日本各地で集中的に短時間で降る雨(ゲリラ豪雨)が多くありました。

そして、被害も多く齎しています。

これまでの集中豪雨による被害は、河川近くの洪水や山沿いの土砂災害等、ある意味限られた地域での出来事でした。

しかし近年では、雨によって都市部であっても床下浸水してしまったり、交通機関もストップする等、影響が色々とあります。

では、こちらでそれら身近な災害とも言える集中豪雨による被害及び防災対策について、少し考えてみましょう。

最近の集中豪雨の特徴として、急速に積乱雲が発達する事が引き金となり起っています。

その為、プロである気象庁であっても、予報として発令できないのが現状です。

この事から、もし雨が強く降り始めた場合には、意識を自分達でし防災対策する事が、最も重要になってくるでしょう。

ご存知とは思いますが、都市部の道路はコンクリートで固められている所が多く存在しています。

その為、流れ出た水を吸収することすら出来ません。

よって、直ぐに水は溢れてしまい、民やへの床下浸水や道路水没が起き易い状況と言えるでしょう。

ですから、その浸水被害を未然に防ぎ、最小限の被害に抑えるためには、土嚢等で水を食い止めるしか方法はないのです。

自宅近くに河川が無い場合であっても、水害を考えて防災対策をしておきましょうね。

以前の話になりますが、水没してしまった道路を車で走行中に水被害にあってしまい、命をそのまま落としてしまったという、とても痛ましい事故もありました。

『水没したって大丈夫^^』等、軽く思っていても、実際水圧でドアをあける事すら出来ないのです。

しかも、エンジンが掛かっていない状態の車では、今は窓すら開ける事も出来ません。

この様な場合、最近では車の窓を簡単に壊せる道具も防災対策用品として販売されています。

その為、この様な時があってはならない事なのですが、防災対策として車内に常備しておく事をお勧めします。

また、もし準備する前にこの様な状況となってしまった場合には、ビニール袋等に手持ちの小銭をあるだけ入れ、鞭の様に降ることで窓を壊す事も出来ます。

この様な方法も覚えておくと安心でしょう。