洪水時の恐怖を知る事で良い防災対策を行おう!

洪水は、局地的な大雨や地震による津波等、引き金となる原因は色々とあります。

しかし、これら原因によって川等の水嵩が増すことで、堤防決壊により洪水が起きてしまうことが、現実問題多いでしょうね。

もしも、住宅地よりも川が高い位置にある場合には、一気に溢れてしまった水が流れ込みます。

その勢いというものは凄く、自転車もおろか、木をなぎ倒してしまう程なのです。

では、こちらでその様な洪水が起きた時の為に、自分達が出来る防災対策について考えてみましょう。

まずは、川へは地震時や大雨時には近付かない様にしましょう。

また、避難が何時でも出来る様に、防災袋の準備も欠かさず行いましょう。

よくニュースで聞くこととして、大雨や台風の時にか河川付近での行方不明者の話が出てくると思います。

その様にならない為にも、危険な場所へは自ら行かない。

避難場所かもしくは安全であれば自宅で、災害が納まるのを待つという事を徹底しましょう。

次に、気象情報をニュースやラジオでよく確認しましょう。

自分自身が、洪水の危険性がないのか、細心の注意を払う様心掛けましょう。

もし避難する場合には、どうしてた良いのでしょうか?

その場合には家族が一緒行動し、最低限で結構です。

防災用品を持って避難するようにしましょう。

ニュースやラジオ以外にも、洪水予報を気象庁では河川ごとに行っています。

もし、自宅近くに指定されている河川がある場合には、市町村防災センターや気象庁HP等で状況を把握するようにしましょう。

また、万が一水が流れ込んできてしまった場合であっても、その水の量によって土嚢等である程度は防ぐ事が可能です。

その為、土嚢を事前に準備しておく事も、防災対策としては有効的です。

以前、痛ましい事故がありました。

それは、集中豪雨の時に車内に閉じ込めたられ、水死してしまったという事です。

その為、自分自身で状況の見極めをし危険だと察知した場合には、躊躇する事なく避難を直ぐに行う事が、最も重要とされている防災対策です。