品物だけではなく家自体からも防災対策を考えよう!

防災対策と聞くと、どうしても消火具の常備や防災袋の準備等、常日頃から行える物を思い浮かぶでしょう。

しかし、それだけではありません。

実は、災害から守る為に家そのものを強くする方法も防災対策と言えるのです。

ただ、家を建替えする為には時間もそうですが費用も掛かってしまいます。

その為、簡単に防災対策の一環として行える事ではありませんよね?

でももし、丁度住宅購入を考え中の方にとっては、意識しておきたいポイントが色々とあります。

ではこちらで、家造りから行う防災対策には、どの様なものがあるのか少し話させて頂きます。

まず、行いたい事としては【地震対策】です。

過去に起った大震災を思い浮かべると、家が多く倒壊し壊滅的な被害を受けていました。

これを教訓とし、住宅造りの主流が出来るだけ地震衝撃を少なく抑えれる耐震構造で造られる様になりました。

しかし、これも少々難点があります。

耐震構造とは、地震の衝撃を揺れる事によって吸収するという感じですので、上層階(マンション等)では揺れが逆にはげしくなるという点です。

そこで最近では、免震・制震構造で地震の触れを抑える事が注目をあびています。

ちなみにこの方法がよく用いられている建物は、中低層の建物(学校・病院等)です。

内容的には、地盤と建物の間に免震装置をおく事で、地震の揺れを吸収してくれる方法なのです。

また、高層ビルに多く用いられている方法としては、制震構造となります。

こちらの内容は、制震装置を各階ごとに取り付ける方法となります。

これらの方法を取り入れた事で、ますます地震への防災対策が高い安全性となりました。

次に行いたい事としては、【火災対策】です。

日本の住宅事情は、ご存知の通り一軒かが密集して建築されています。

その為、一旦火事が起きてしまうと、被害も拡大し易い状況であると言えます。

家造りで注意する点としては、壁に燃え難い素材を使用する事です。

そうする事により、火が家から家へと燃え移る事を抑える働きがあります。

また、家の中の物では、じゅうたんやカーテン等は殆どの家で使われているかと思いますが、それらにも防火難燃剤を使用する事で、火災発生自体を防ぐ事も出来るのです。

この事から、今まで物だけを揃えていた防災対策だったかもしれませんが、家造りからも是非考えて行いたいものですね。