家庭でできる防災対策の最近のブログ記事

防災対策と聞くと、どうしても消火具の常備や防災袋の準備等、常日頃から行える物を思い浮かぶでしょう。

しかし、それだけではありません。

実は、災害から守る為に家そのものを強くする方法も防災対策と言えるのです。

ただ、家を建替えする為には時間もそうですが費用も掛かってしまいます。

その為、簡単に防災対策の一環として行える事ではありませんよね?

でももし、丁度住宅購入を考え中の方にとっては、意識しておきたいポイントが色々とあります。

ではこちらで、家造りから行う防災対策には、どの様なものがあるのか少し話させて頂きます。

まず、行いたい事としては【地震対策】です。

過去に起った大震災を思い浮かべると、家が多く倒壊し壊滅的な被害を受けていました。

これを教訓とし、住宅造りの主流が出来るだけ地震衝撃を少なく抑えれる耐震構造で造られる様になりました。

しかし、これも少々難点があります。

耐震構造とは、地震の衝撃を揺れる事によって吸収するという感じですので、上層階(マンション等)では揺れが逆にはげしくなるという点です。

そこで最近では、免震・制震構造で地震の触れを抑える事が注目をあびています。

ちなみにこの方法がよく用いられている建物は、中低層の建物(学校・病院等)です。

内容的には、地盤と建物の間に免震装置をおく事で、地震の揺れを吸収してくれる方法なのです。

また、高層ビルに多く用いられている方法としては、制震構造となります。

こちらの内容は、制震装置を各階ごとに取り付ける方法となります。

これらの方法を取り入れた事で、ますます地震への防災対策が高い安全性となりました。

次に行いたい事としては、【火災対策】です。

日本の住宅事情は、ご存知の通り一軒かが密集して建築されています。

その為、一旦火事が起きてしまうと、被害も拡大し易い状況であると言えます。

家造りで注意する点としては、壁に燃え難い素材を使用する事です。

そうする事により、火が家から家へと燃え移る事を抑える働きがあります。

また、家の中の物では、じゅうたんやカーテン等は殆どの家で使われているかと思いますが、それらにも防火難燃剤を使用する事で、火災発生自体を防ぐ事も出来るのです。

この事から、今まで物だけを揃えていた防災対策だったかもしれませんが、家造りからも是非考えて行いたいものですね。

もしも地震が起こった時、地下(地下鉄・地下街等)にいるという事も珍しくはないでしょうね。

何故なら地震という物は、何時何処で起こってしまうのか、予測する事が難しいからです。

ただ地上とは違い、地下はある意味密閉された空間となっています。

その為、パニックに陥ってしまう可能性が大きいでしょうね。

日本の地下街は、地震大国という事もあり、多くは耐震構造になっています。

そして、火災報知機は勿論、消化器等の設備も充実しています。

もし万が一、地下街で火災が発生してしまった場合には、防火シャッターを設置する等、充実した防災対策を行っていますので、比較的危険性は低いと言えます。

でもその中には、元々道路等が狭くて防災対策を充分に出来ない場所もあるでしょうね。

その為、安全に地下から避難する為にも、しっかりと地震が地下街で起こってしまった場合の防災対策を確認する事が大切になってきます。

では、どの様な点を注意すると良いのでしょうか?

まず、自分の周囲にある看板やお店の硝子でケガをしない様、その場を直ぐに離れてスペースの広い所へ移動しましょう。

このとき、首や頭を手荷物等で守りながら移動する事が大切です。

また、多くの人が一度に地上へと目指す事になり、非常口や出口付近にはたくさんの人が殺到するかと思います。

その時、地上に上がる為の階段等で将棋倒しが起きてしまい、押しつぶされてしまうという状態になる事もあります。

最悪の場合には、死亡してしまう事もある程、危険性は高いでしょうね。

その為、避難時はどうしても慌ててしまいますが、その様にならない様努力し、なるべく手近で人が少ないと思われる非常口を目指すように心がけましょう。

更に、火災等が起きてしまった場合には、煙が充満してしまい周りが見えなくなる場合もあります。

その時でも、焦る事なく行動しなければなりません。

低い姿勢で煙を吸わない様にし、口をハンカチ等で押さえながら、壁を伝って非常灯を頼りに出口まで目指して下さい。

どうしても、悪い視界になってしまうとパニック状態に急激に陥りがちです。

しかし、周囲の人と声を掛け合う等、慌てる事なく協力して避難する様に心掛けましょう。

もし貴方が、狭い実内で地震にあってしまった場合、どの様な状況になるでしょうか?

屋外とは違い、硝子やコンクリートの落下物については、少なくなるでしょう。

しかし、火災の危険性や家具が転倒してしまう危険性についてはあります。

事前に行う防災対策で、家具の転倒防止等は、ある程度行える対策です。

それらを行っている事で、被災してしまった時でも最小限の被害に抑える事が出来ます。

では、室内で地震に合ってしまった場合の防火対策とは、その様な物があるのでしょうか?

地震が発生してしまった場合には、まず火の元確認及び出口確保も必要なのですが、それ以前に身の安全確保も大切です。

地震の揺れが立てないくらいにも関わらず、無理して動くという事は逆に、身体を壁や家具にぶつけてしまいます。

そして、よりケガへの高い危険性があるのです。

但し、もしも動ける程の揺れであれば、やはり火の元確認及び出口確保が必要です。

また、何時までも大きなゆれが収まらない場合には、その揺れの中でも避難について考えなければなりません。

やはり、頭部を本やクッションで守りながら、出口へとゆっくり目指してください。

次に、地震が浴室やトイレで起こってしまった場合には、出口の確保を直ぐに行いましょう。

比較的浴室やトイレは、地震時には安全だと言われています。

しかし、壁に囲まれた狭いスペースですので、自分の身を守れるものがありません。

鏡や窓が割れて、散乱する恐れもありますので、ケガをしてしまわない様に注意しましょう。

浴室で閉じ込められてしまった場合には、入浴中という事もあり服を殆ど着ていませんよね?

その為、被災した場合には長い時間服を着用する事すら出来ず、かえって身体が冷え切り、衰弱する恐れもあります。

ですから、第一に避難口の確保は大切なのです。

この様に、地震を室内で起こってしまった場合には、その場所によって色々な避難方法があります。

被災してしまった後でも、防災対策を色々をしておく事で、より安全に避難する事も出来るのです。

その為、普段から被災時の防災対策については、家族は勿論ですが近隣住人ともよく確認そして話し合う様に心掛けて下さいね。