防災対策は、色々な方法があります。

まず、事前に行う事が出来る防災対策としては、消火具の常備や家具転倒防止等があります。

そして被災した後、最小限に被害を食い止める為の対策もあるのです。

では、どの様な事柄があるのでしょうか?

こちらでは、被災した後の防災対策について、少し話しをさせて頂きます。

まず、家を地震や火災で失ってしまった場合には、長ければ仮設住宅や避難所で数ヶ月間も生活をしなければならない状況にもなりかねません。

その様な場合だけではありませんが、災害時の避難生活によって、ストレスが溜まり、身体だけではなく心にも大きな支障をきたしてしまう問題が発生する事でしょう。

そんな時、女性の目から見た被災後のストレスを、出来るだけ軽く済ませる為の防災対策について考えてみようではありませんか?

以前発生した災害時には、避難生活をしている上での家庭的作業(配膳・掃除・ゴミ捨て等)の負担が、主に女性に集中しているという事がありました。

その結果、ストレスが大きく掛かったしまうという事になったのです。

この問題を解決する為には、被災時の活動は日頃から男女共同で行い様にしておきたいものです。

例えば、町内の防災イベント等でも呼びかけを積極的に行い、意識してもらう事が大切でしょうね。

誰でも、避難生活という物は性別や年齢問わず、大きなストレスを抱えてしまうものです。

ですから、助け合う気持ちを全員で持つ事が、防災対策へと繋がることでしょう。

また、女性や子供への暴力が、被災後には増えたという報告もあるのです。

原因としては、やはりストレスによるものらしく、同じ様に被災しているにも関わらず、暴力を弱い物にするのはどうしても見過ごす事が出来ませんよね?

ですから、この様な問題を減らす目的でも、被災した方々のストレスを軽くしてあげ、出来るだけ心身リフレッシュできる様な機会を作る事が大切でしょう。

当たり前ですが、誰にとっても大規模災害は辛いものです。

日頃から、被災者のストレスを出来るだけ減らせる様に心掛けたいものですね。

せめて、心の傷は出来るだけ早く癒せる様な防災対策を考えていきましょう!

幾つもの大規模災害が、日本では発生しています。

その中には、過去に多くの死者が出てしまった災害もあります。

有名な災害では、関東大震災・阪神淡路大震災、更に最近では新潟中越沖地震などが挙げられています。

これら災害では、財産や家、多くの人の命も失ってしまい、大きな傷を心に負った事でしょう。

過去の悲しい出来事として、これら被害をただ単に片付けてはいけませんよね?

ある意味これら大災害を教訓とし、これからの防災対策として役立てれる様に考えなければなりません。

ちなみに関東大震災では、地震の被害もそうですが、火災被害も大きなものでした。

この火災被害を受けてから、まずは火の元を地震時には確認するという考えが、深く防災対策として根付く事になりました。

しかし、火災というものは地震が発生した時だけに限らず起ってしまうということがあります。

それが明らかになってしまったのが、阪神淡路大震災です。

この災害では、早朝5時が発生時間だった事もあり、火災被害報告があまり当初はされていませんでした。

しかし、幾つかの地域でその後火災が発生してしまい、多くの被害がこれにより生む事になってしまったのです。

この時、火災発生原因が地震ではなく漏電だったのです。

この火災被害を受けてから、地震発生後に電気会社で電気復旧する時には、まず漏電の危険性が各家庭でないのかを訪問し、確かめた上で復旧するようにしました。

これら、現在行われている防災対策に過去の大災害が大きく役に立っているという例でもあるのです。

関西に暮らしていた方々は、阪神淡路大震災が発生するまでは、この様に大きな大地震に襲われるという事は、思ってなかったと口々に言っているそうです。

通説等では、予測する事ができない不測の事態が何時でも起こるということを、阪神淡路大震災は示したという事でしょう。

だからこそ、『今自らが絶対○○では大きな災害は起きない』なんて思っていても、それこそ予測不可能だという事なんです。

皆さんも是非、安全な暮らしの為にも過去の痛ましい災害から学び取り、これからの防災対策について考えいるという事が、最も大切だといえるでしょう。

物を揃えるだけの防災対策ではなく、防災マップを作製することも防災対策の一つです。

これを作製することで、被災時の避難ルートを確保したり、災害危険がある場所を把握する事が日頃から出来ます。

でも、今までその様な物を作製したことの無い方にとっては、とても難しく感じる事でしょう。

では、防災マップを実際に作製するには、一体どの様な手順を行えば良いのでしょうか?

こちらで、その手順について少し話させて頂きます。

1.基本的な地図を作製する。

まずは、作製する地域を選択します。

このとき、ハッキリと河川や山等が分かり易い様に境界を描く様にしましょう。

そして、海抜等で洪水の危険性がある場所には、印をつける様にしてください。

2.道に色付けをする。

一般道や鉄道、更に車では通れない路地や抜け道等、その特製に合わせて色付けしましょう。

3.避難場所に色付けをする。

学校の校庭や公園、広場等、いざ!という時に避難が出来る場所に色付けしましょう。

更に、火災が発生した時に延焼防止出来る建物がある場合には、明確にその境界も色付けしておくと安心でしょう。

4.避難する時に役立つ施設を記載する。

街の構造が出来上がったら、病院や救護施設、避難場所等を記載しておきましょう。

記載できたら、高齢者の存在があり救護を必要とする方や避難する時にリーダーとなる方の家など、必要と思われる方々の家の特徴を記載しておきましょう。

5.幾つかの避難ルートを決めて印をつける。

マップが完成したら、地域住民の方々と被災時避難ルートを何ルートか決めておき、マップ上にルートの印をつけましょう。

これで、防災ばっぷの完成です!

色々と説明してきましたが、これらの事から分かる様に、防災マップ作製は有効な防災対策の一つと言えることが分かるかと思います。

防災対策に対する意識を地域住民が統一させて、被災時の救援作業や避難ルート確保にも大変役立ちます。

折角作製しても、活用方法が分からなければ無意味となります。

その為、防災マップの作製方法と活用法をよく勉強し、是非防災対策に役立てる様にして下さい。